株主優待券を金券ショップに買い取ってもらうには時期を選んだ方が良い

株主優待をいただける株式投資の銘柄を持っています。
しっかりと銘柄を選んで自分で消費することができるようしているのですが、それでも使いきれないことがありその場合には自宅から近い金券ショップなどに買い取りをしてもらうことがあります。

 

株主優待券には使用期限がないものも少数ありますが、ほとんどが使用期限があるものです。

 

使用期限がたっぷりをある株主優待券のほうが使用期限が残り少なくなっている株主優待券よりも高い値段で買い取ってもらえます。
私が持っていた株主優待券である電鉄会社の優待切符というものがありました。その電鉄会社の路線ですとほぼどこまで乗ってもその優待切符で片道が乗れるというものです。

 

自分で使うつもりで持っていましたが、所要が急にできたために期限までに使うことが難しくなってしまったために金券ショップに買い取ってもらいました。
使用期限が一か月を切っていたのですが、金券ショップでも人気のある商品であるようである程度の値段で買い取ってもらえたので良かったと思っています。

 

私が店員さんに聞いたところによると使用期限がたっぷりとある同じ優待切符ならば私が買い取ってもらった倍近くの価格で買い取ってもらえたようです。
使用期限のある株主優待券は使わないならなるべく早く買い取ってもらった方が良いようです。